歯 クリーニング 自宅

自宅で歯のクリーニングを行う歯磨き粉のランキングサイトです。

 

歯の黄ばみでお悩みの方・・多いと思います。
歯を白くする。ホワイトニングは歯科医院で無いとできません。

 

でも、歯科医院でホワイトニングするには
・保険が効かないので料金が高い
・3〜5回は歯医者に通うので 時間が成約される。
・治療は依頼し辛い

 

出来れは歯医者には行きたくありません。
でも、殆どの人はホワイトニングは必要ありません。
歯が汚れているだけなので 歯のクリーニングで十分です。
ホワイトニング専用の歯磨き粉で毎日歯磨きをすれば問題ありません。
これなら、わざわざ歯医者に通わなくても自宅で歯のクリーニングが出来ます。

 

しかし、普通の歯磨き粉を使っても効果ありません。
それ以上に、歯磨き粉に含まれる研磨剤で知覚過敏になってしまいます。
ホワイトニング専用の歯磨き粉(ホワイトニングジェル)が必要になります。
では、どんなホワイトニング用歯磨き粉が良いのでしょうか?

 

歯磨き粉を選ぶ基準としては、安全で歯が白くなる効果が早い製品がお奨めです。
その基準としては

 

・研磨剤を含んでいない
・日本製である
・ポポリン酸を配合している

 

これを基準にして、お勧めのホワイトニング用の歯磨き粉を選んでみました。

はははのは
5345

自宅で歯をクリーニングする歯磨き粉の第1位「はははのは」の特徴は?

 

歯の汚れの原因のステインを削って落とすのではなく
ポリリン酸ナトリウム&メタリン酸ナトリウムを使って
歯の汚れであるステインを浮かして落とします。
発泡剤・漂白剤・研磨剤・合成界面活性剤は使わず
着色料・パラベンを使っていません。
ハッカ油を使っているので、口臭対策にもなります。
まさに オールインワン歯磨き粉です。

 

価格 特典 評価
3500円 初回限定 1980円 10日間の返金保証付き 歯,クリーニング,自宅

はははのは の総評

 

値段から考えてもコストパーフォーマンスは最高ですね。
・研磨剤不使用
・ポリリン酸による汚れ落とし
・口臭対策も万全
・継続購入の縛りもないので気に入らなければ即辞められるのも安心です。

 

 

 

薬用パールホワイト
3869

自宅で歯をクリーニングするの第2位「薬用パールホワイトプロ」の特徴は?

 

ポリリン酸、メタリン酸、リンゴ酸といったホワイトニング成分をフルに配合しています
研磨剤を使っていないのに数日で効果が出る・・という驚くべき結果
歯垢や口臭予防、虫歯予防にも効果あり
芸能人も多数愛用
歯茎の健康にも効果が報告されています。

 

価格 特典 評価
8400円 初回限定 3240円 送料無料(1か月分)デンタルケア商品を毎回プレゼント 歯,クリーニング,自宅

 

薬用パールホワイトプロ の総評

 

ポリリン酸をメインに使っているので、ホワイトニングとしては期待できます。
事実、「使い始めて数日で歯が白くなった」・・という声も多い。
唯、金額が8400円というのが難点

 

 

ちゅらトゥースホワイトニング
9875

自宅で歯をクリーニングするの第3位「ちゅらトゥースホワイトニング」の特徴は?

 

 ・研磨剤は使用していません。
 ・医薬部外品なので、効能を国が保証しています
 ・ボリアスパラギン酸配合で歯の黄ばみやステインを除去します。
 ・ビタミンCやリンゴ酸を配合で歯についた汚れを浮かして落とします
 ・GTO配合しているので、虫歯になりにくい歯を作ります
 ・満足調査で堂々1位を獲得

 

価格 特典 評価
5980円 初回限定で 3980円 ワンタフトブラシ1本プレゼント 歯,クリーニング,自宅
ちゅらトゥースホワイトニング の総評

 

虫歯の人が多いと言われる沖縄で開発された歯磨き粉という事で評判は良いようです。
主要成分がリンゴ酸なので、ポリリン酸を主成分とする歯磨き粉より若干落ちるのでは?

 

 

 

ビースマイル
10909

自宅で歯をクリーニングする歯磨き粉の第4位「ビースマイル」の特徴は?

 

・ポリアスパラギン酸とリンゴ酸で歯の黄ばみを落とす
・医薬部外品です
・ビタミンC配合で 歯茎の健康を保ちます
・新成分のGTO配合で口臭予防効果もあります。
・アラントレイン配合で歯周病リスクを低減
・研磨剤、漂白剤、発泡剤など不使用

 

価格 特典 評価
4800円 500名限定で 半額の2400円送料込 サプリメントケースをプレゼント 歯,クリーニング,自宅
ビースマイル の総評

 

黄ばみ落としの主成分がリンゴ酸なので、歯が白くなる期間が長くなりそう。
医薬部外品なので効能は保証されています。
安い、おまけつき、500人限定・・という触れ込みはどうなのでしょうか?
という事で4位にしました。

一番のお奨めは 「はははのは」です。

 

はははのは は、
実は金額もホワイトニング用の歯磨き粉です。
1か月 定価でも3500円で 定期購入なら1980円
歯科医院に通ったり、他のホワイトニング歯磨き粉より相当お得です。

 

その上、10日間の返金保証付き。
これって通販では意外と重要です。
ネットなので、現物が見れません。例え想像したものと違っても
キャンセルするのって大変です。
でも返金保証があれば、利用しなくても精神的に安心です。

 

勿論、ポリリン酸が主成分なので一押しです。
実はポリリン酸を使った歯磨き粉って意外と少ないのです。
安くて効果抜群なら、選ばない手はありません。

 

 

ホワイトニングジェルを選ぶ基準について

@研磨剤を含んでいない

 

市販の歯磨き粉(ホワイトニング用でない)には大部分が研磨剤を含んでいます。
研磨剤は歯の表面を傷つけてしまいます。
確かに歯の表面に付着した汚れ(ステイン)を削り取るので、早く歯は白くなります。
しかし、歯の表面は傷だらけになります。
歯の表面はエナメル質で覆われているのですが、大変薄いのでその内側の象牙質が
露出してしまいます。
それで、逆に歯の黄ばみが目立つようになってしまいます。
又、知覚過敏になってしまい冷たい水が歯に沁みて、我慢できなくなってしまいます。
こんな理由で研磨剤を含んだ歯磨き粉を使ってはいけません。

 

A日本製である事

 

ホワイトニング用の歯磨き粉は、外国製品を使うのは危険です。
欧米では、ホワイトニング先進国なのですが、外国で効果的な歯磨き粉が日本人に
向いているかどうかは解りません。

 

・外国製の歯磨き粉には日本では医療機関でしか使えない、過酸化水素水や過酸化尿素水を
 含んだ商品が、ドラッグストアで簡単に買えるのです。
 しかも、医療機関で使っている薬品より高濃度の薬剤です。
 こんなの使ったら、間違いなく知覚過敏で悩まされることになります。

 

・日本人に向いていない
 日本人の歯はエナメル質が外国人に比べて薄い傾向があります。
 外国人には効果的でも強い歯磨き粉を使うと、余計に黄ばみや知覚過敏になる恐れがあります。

 

Bポポリン酸配合 

 

 ポポリン酸は歯科医院でも使用している歯をクリーニングする溶剤です。
 人間の成分と同じリン酸系のDNAなので、アレルギーや副作用も心配ありません。
 又、リンゴ酸などの他の成分より 歯が白くなる効果が早いのです。

歯のホワイトニングとクリーニングの違い

 歯科医院でのホワイトニングってどんなことをしているのでしょうか?
 実際 ホワイトニング+クリーニングの両方を同時に行っています。
 ポポリン酸の溶液に、過酸化尿素や過酸化水素を混ぜて行います。
 過酸化尿素や過酸化水素は漂白剤です。黄ばんだり黒ずんだ歯を漂白します。
 これを 歯のホワイトニングと呼びます。
 一方ポポリン酸は、歯の表面の汚れ(ステイン)を歯から剥がして浮き上がらせます。
 これを歯ブラシなどで落とします。これを歯のクリーニングと呼んでします。

 

ホワイトニング用歯磨き粉では、ホワイトニング(漂白)は行わずクリーニングだけです。
普通の人は、歯が黄ばんで見えても汚れているだけなので、漂白は必要ないのです。

 

その上、歯科医院で歯を漂白しても、今まで通りなら歯が汚れてしまいます。
程度の差はありますが、一年以内に又歯が黄ばんでしまいます。
どちらにしても、ホワイトニングジェルで毎日歯の汚れを取る必要があるのです。

 

歯科医院でのホワイトニングについて

 

歯医者さんでのホワイトニングについて解説します。
歯を白くするには @歯の漂白(ホワイトニング)と歯の掃除(クリーニング)があります。
歯科医院では、この両方を行っているのです。
歯の漂白には漂白剤を使います。
過酸化水素水や過酸化尿素です。
これらは、実は劇薬で高濃度の過酸化物を使うと知覚過敏になってしまいます。
そんな理由で、日本では歯の漂白は医療機関である歯科医院でしかできません。

 

一方歯科医院でのホワイトニングでも大きく分けると2種類あります。
オフィスホワイトニングとホームホワイトニングです。

 

オフィスホワイトニング

 

患者さんが歯科医院に出向いて歯科医の治療の基で治療する事です。
普通の歯の治療と同じように、患者さんは椅子に座っているだけで
全て医師と看護師がやってくれます。
比較的高濃度の漂白剤を使うので、1回の治療で歯が白くります。
これを3〜5回繰り返すことでホワイトニングを行います。
勿論、漂白前か漂白中にポポリン酸などを使って歯のクリーニングを行います。
治療費は高額になります。

 

 

ホームホワイトニング

 

歯科医の指示のもと、自宅で行うホワイトニングの事です。
最初に、歯科医院で患者さんの歯に合った歯型を作ります。
自宅では、この歯型にホワイトニング溶剤(オフィスホワイトニングよりは薄い)
を入れて、2時間程度固定します。
これを2週間くらい繰り返します。
慣れない内は、溶液を口内に零してしまって辛いのですが慣れれば大丈夫です。
ホームホワイトニングは、治療時間を指定されないので、忙しい人には向いています。
金額もオフィスホワイトニングよりは安く上がります。

 

一方、両方同時に行うデュアルホワイトニングというものもあります。

 

いずれにしても、短期間で白い歯を得られそうです。
しかし、歯に異常があるなら別ですが、歯が汚れているだけで
ここまで、辛い思いと出費をする必要があるのでしょうか?

 

オフィスホワイトニングの料金

 

歯科医院でホワイトニングを行う場合、どの位の料金が必要なのか
気になると思います。
実際、保険適用か否か(美容クリニックなど)や、何回通うのか。
付帯費用(歯石を落としたり、後日のクリーニングなど)を考慮すべきか?
いろいろ考慮すべきと思います。
又、時代によって相場も変化していますので、最新の情報です。

 

保険適用されたばあい
1回あたりの相場は15000円前後ではないでしょうか?
これに、3〜5回通うとして 45000〜75000円程度でしょうか?

 

保険適用外の美容クリニックや、最近増えているエステでのホワイトニングは
もっと必要かもしれません。
この他に、ホワイトニング終了後3か月周期で歯科医院で歯のクリーニングを行えば
都度1万円前後必要になります。

 

注意すべきは、1回数千円で出来る格安ホワイトニングがありますが
敬遠したほうが良いでしょう。
歯科医師の実力も心配ですし、他の余分な請求が有って実際は高額になる事が多いようです。
オフィスホワイトニングは、金額よりも担当の歯科医の実力や評判を気にしたほうが
第一条件ではないでしょうか?

5345